TAKASHI SATO

サトウ タカシ

木工画家(絵描き)

アトリエ・ジアベニューアンドアートのページをご覧いただきありがとうございます。

ここは、画家レオナールフジタのおかっぱ頭を真似て、丸眼鏡も時々かけます絵描き・サトウ タカシの個人アトリエです。

以前は長野県のギター工房で、クラシックギターなどを制作していました。

現在は、板絵と手工木製フレームを組み合わせた「木工画」を制作し、ギャラリーやカフェに展示をしています。

ただいま制作奮闘中の、こちらのホームページには絵と短文を載せて行きます。

学生のころから詩など短文を書くことが好きでした。絵と言葉一体の世界をより楽しんで頂けるよう考えながら更新して参ります。どうぞ宜しくお願いいたします。

サトウ タカシ

プロフィールのような短文

長野県のギター工房で修業時代、一番最初に覚えたことは、薪割りと薪ストーブの炊き方。集中力を高めて斧を振り下ろしスパッと真っ二つに割れる時の、導かれるような抵抗感と乾いた音の響きが木の生命力との出会いでした。そして二番目の仕事は自分の体に合った作業スツールを作ること。大きな一枚の桜の板を与えられ、のこぎりや初めて使う鉋を振り回し、あるいは振り回されて、慣れない仕事で膝に水が溜まりながらもなんとか椅子を作りあげた。その時の作る感触と達成感が木工との出会いでした。

(編集中)

クラシックギターの制作を離れ、なぜ木に絵を描くようになったのか。それはギターという決められた形の中から飛び出して自分を表現してみたくなったからです。2013年にカリフォルニア州サンタロザで開催されたHealdsbarg guitar festivalに参加した時に、そこに集まった見たことも無い奇抜なギターや底抜けに自由な人々の空気を体感して、それが結果として僕をギターの枠の外へと向かわせるエネルギーになりました。

ギターは今でも好きですが制作からは離れました。しかし木を削ったり彫ったりする手の仕事は続けたかったので、自ら形を作った板に絵をかき、木製のフレームも手作りで制作しています。そして木工画という全く新しい分野を考え、それに挑戦しています。

最後にギター制作家と木工画家のものづくりとしての質のちがいを、僕の趣味である「食」で例えるならば、楽器を制作することは甘美な果実を収穫するための土を育てることに似ていて、絵を描くことは心の土壌から美しい果実を収穫することに似ています。

Scroll to top